1. Home
  2. 添付ファイル
  3. プロデューススクリーン

プロデューススクリーン

Ruby®のベータフェーズが終了しました。 www.rubyhelp.com に掲載されているコンテンツはすべてRuby® 2に関連するものです。
お使いのRuby®を最新版にアップデートしてください。
Ruby® 2をダウンロードするにはruby.troteclaser.comにアクセスし、最新版を入手してください。
ベータユーザーの方は、現在のログインデータをそのままお使いいただけますので、追加のアクティベーションは必要ありません。

Production Phaseでは、Laserで現在キューイングされているジョブの概要が表示されます。 あなたは、レーザーが作業しているジョブの詳細を確認し、キューを管理することができます。

プロからのアドバイス:‘?’を押すと、ショートカットにアクセスできます。 本当に便利ですよね。

お仕事の名前
使用素材
レーザーからのフィードバック
ジョブのキューからの削除
再生/停止/一時停止
プログレスバー
現在のジョブの実行時間
現在のジョブのプレビュー
ジョブキュー
最初の1枚(ずっと左)が、次にレーザーに渡されるジョブになります。
ヒント:ジョブをドラッグ&ドロップすることで、キューを並べ替えることができます。

ショートカット

Updated on 4. 10月 2021

Related Articles